「ほっ」と。キャンペーン

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0050387_1559377.jpg

現在、ニューミュージアムで、ピピロッティ・リスト(Pipilotti Rist)の「ピクセル・フォレスト(Pixel Forest)」展が開催中です。

ピピロッティはスイスのマルチメディア・アーティストで、すでに30年にもわたり、映像によるインスタレーションを作って来た作家。

こちらがピピロッティさんです。
小さい頃から長くつしたのピッピから取ったアダ名で呼ばれていたのもわかる、どことなく少女のような茶目っ気のあるかわいい雰囲気の人ですね。
c0050387_1602978.jpg

ロビーにもシャボン玉を作るナゾの機械が!



じつは夜になると、ニューミュージアムのガラスに映像作品が浮かびあがるのです。
それもピピロッティがガラスに顔ぶちゃしている映像!
c0050387_1621538.jpg

近づきます。

ははははは。
よくやるなあ、すごい顔ぶちゃ!
c0050387_1623936.jpg

夜このあたりを通る人はお楽しみに!

さて館内は2階、3階、4階がすべて映像インスタレーションを展示しています。
c0050387_1634024.jpg

紗幕に映像が映されていて、きれい。
こちらは『Ever is Over All』(1997年)
若い女性がクニフォフィアの花の形をしたハンマーで、楽しそうに車の窓を叩き割っていきます。
有名な作品で、MOMAに購入されています。



過激な暴力なのに奇妙にハッピーなイメージ。
紗幕にはスイスの山の牧場を走り回る羊などが映されています。

ビデオ・アートというとわけのわからない映像を見せられて、「だから、なんなんだよ!」といいたくなる作品や、あるいはいっそ不快になる映像も少なくないもの。

ところがピピロッティの作品は、とてもエンターテイメントであり、カラフルで、多幸感を呼ぶものなんですよね。

こちらはなんとパンツで出来たシャンデリア! 実際に着古したものを洗った下着だそうです。
作品名「マサチューセッツ・シャンデリア
え!?



こちらは床にあるクッションにもたれながら鑑賞できるビデオ作品。
c0050387_1662365.jpg

刻々と色が変わるガラスのイルミネーションがたくさん下がっていて、きれい!


4階には、暗いなかにベッドが用意されています。
c0050387_1664638.jpg

ベッドに横たわって、天井に映し出される映像を眺めるんですが、目の前に大きく広がる水のなかの景色、ふやけた手や足、、水草、水中から見あげる空と木立、音楽と映像があいまって、ああ、これはどこかで体験したことだと思えてきて、催眠術にかかるように、ずっとこうしていたい、と思えるほど。



映像にたゆたい、ゆらめく水と泡を見つめていると、湖で浮かんでいるような、死んでしまって水底から見つめているような、宮沢賢治の「やまなし」に出てくる小さなカニになったような心地になって、

クラムボンはわらったよ。」

とつぶやきそうになったのでした。

他にも箱庭のような部屋のなかを作品にしたり、家のミニチュアと日常生活のアイテムを一緒に作品にしたりと、ピピロッティの作品には、誰もが持っている子ども時代の記憶、そして自然と裸体といったモチーフが繰り返して出てきます。

誰にとっても原体験にあるものに触れ、子どもらしいセンス・オブ・ワンダーの感覚や、それを縛るものへの反発や、異常なまでにマクロに人体に迫る感覚が、普遍的に通じる作品となっています。

充分に、お子さんも楽しめるアートだと思います。
一部ヌードがあるので、そのあたりはご家庭の方針次第かな。
アートにオープンなご家庭なら、とてもいいアート体験じゃないかと思いますよ。

展示は1月27日まで!

寒い季節でも、柔らかなベッドに横たわりながら、ピピロッティのカラフルな映像を眺めていたら、になれそうです。

人気の展覧会になることは間違いないので、お見逃しなく!


New Museum
住所:235 Bowery, New York, NY 10002
開館時間:水曜〜日曜 11:00~18:00 木曜〜21:00
休館日:月曜、火曜
入場料:一般$16 シニア$14 学生$10 18歳以下無料



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2016-10-30 16:19 | カルチャーの夕べ
日経スタイルで、ブルックリンの魅力について語っています。
c0050387_16322918.jpg

題して「地ビールに蚤の市… NYブルックリン最新案内(上)
c0050387_16334722.jpg


このところのブルックリン・ブームで、日本の方たちにもなじみが深くなったブルックリン。
c0050387_16324455.jpg

といってもブルックリンはマンハッタンよりはるかに広大ですから、エリアによってずいぶんと違っています。
c0050387_16332843.jpg

お勧めの観光エリアを挙げていますので、つぎのNY観光ではぜひブルックリンを訪れてみて下さいね!
c0050387_16342572.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2016-10-27 16:37 | エリぞうのお仕事
サルバトーレ・スカーピッタ(Salvatore Scarpitta )の1956-1964年の作品が「Luxembourg & Dayan」で展示され、観に行ってきました。
c0050387_14572788.jpg

包帯や布でキャンバスをぐるぐる巻にして、立体的にしあげたキャンバスそのものが作品になっています。
c0050387_14574029.jpg

後には橇やレーシングカーといった立体の作品も作ったスカ−ピッタですが、ミッドセンチュリーの作品も絵画というより立体のスカルプチャーに近いもの。

そしてこの日、解説に来たのが、アーティストのジュリアン・シュナーベル
わー、生シュナーベルがいるーーー!
c0050387_14583022.jpg

わたしはこの方が監督した「バスキア」や「潜水服は蝶の夢をみる」が大好きなのですー!

ジュリアン・シュナーベルはスカ−ピッタと親交があり、そのエピソードを披露してくれました。

ジュリアン・シュナーベルといえば、いつも「パジャマを着ている」ことで有名。
「バスキア」のなかで、自身を投影した役柄、ゲイリー・オールドマンが演じたアルベール・ミロも映画のなかでパジャマを着ていましたね。
c0050387_14595758.jpg

なんと監督している時まで、パジャマとガウン姿!
c0050387_1501580.jpg

ということで、まっ先に頭に浮かんだのは、「ほんとにパジャマを着ているのか?」という問題。

たしかにパープルのパジャマっぽい上下でしたが、上からジャンパーを着ているので、中身までは確認できず。

上から羽織っているジャンパーは「Blind Girl Surf Club」というRVCAのアイテムで、じつはサーファー仲間としてデザインをコラボしたラインのよう。
c0050387_15443883.jpg

まあ、年中パジャマといったって、寒くなれば、パジャマの形をしたダウンジャケットがあるわけじゃないから、なにか上に羽織らなくてはならないわけだよね。そりゃそうか。

さてそんなシュナーベル、かつてNYで初めて知りあった人が、サルバトーレ・スカーピッタだったそうです。

深い親交があったらしいのですが、2001年の9.11の後にスカ−ピッタが外を歩くのを怖れて引きこもりになってから、会わなくなったのだとか。スカ−ピッタは2007 年没。

スカ−ピッタの芸術について語っているところです。



話を聞いていて特に印象に残ったのが、このようなフレーズ(精確ではないです)

「ある時期にアーティストたちが、互いに知っているわけではないのに、似たような作品を発表しだすことがある。
誰かの作品を観て真似したといったようなことじゃない。
時代の要請のようなものだ。
あとからふり返った時に、その時代の意味がわかる」

「アーティストは週給や月給で払われるのではなく、死後に支払われる職業だ」

たしかに!

ジュリアン・シュナーベルといったら鬼才なので、ぶっとんだ人物を想像していましたが、じつにインテリジェントカッコいい方でした。

そしてもうひとつ美術評論家の方の解説で、おもしろい発見が。

スカーピッタはイタリア生まれで、子どもの時に、癇癪を起こして家を飛びだして木に登り、降りて来なくなったということがあるそう。

「自分はいちばん長く木の上にいる人間になる」といって、そのまま降りて来ないものだから食事を届けに行ったりして、地元の新聞にも取りあげられたんだとか。

その逸話を耳にした作家、イタロ・カルヴィーノが書き上げた小説が「木のぼり男爵」なんだそうです!

おおおおおー!イタロ・カルヴィーノの「木のぼり男爵」といったら、わたしがいちばん好きな小説のひとつ!
まさか実在のアーティストがモデルだったとは!

まさに絵に描いたような奇人変人のアーティスト談ですね〜。

いろいろと発見の多いプレスプレビューでしたが、久々にシュナーベルの映画も観たくなったなー。

参考までに説明しておきましょう。

潜水服は蝶の夢を見る [DVD]

c0050387_15195229.jpg

脳梗塞で倒れた主人公が、全身動かないまま、左目の瞬きだけで、自伝を書くようになるまでの話。
この映像が圧倒的に美しい! 
c0050387_15421742.jpg

さすが芸術家が作った映画です。
マチュー・アマルリックは色気があっていい男だし、演技もすごい!
c0050387_15423023.jpg

原題は「The Diving Bell and The Butterfly

潜水服のように重く動かなくなってしまった体と、精神だけは蝶のように自由に飛び回れることの対比を意味しています。
c0050387_15424775.jpg

ダイビング・ベルというのは、実際に昔は鉄の鐘(ベル)を潜水の時に使っていたんだそう。
こわー!いやもう、こんなの死ぬ気まんまんですね(汗)
c0050387_1520123.jpg


バスキア [DVD]
c0050387_15213467.jpg

ジュリアン・シュナーベルが実際に交遊のあった夭折の画家、バスキアを描いた映画。

デビッド・ボウイが、アンディ・ウォーホールを演じるんですが、もうこれがはまりすぎていて、そのねちょねちょした喋り方に、シビれる!(笑)
c0050387_15254963.jpg

この映画、ベニチオ・デル・トロ、(まだ髪があった頃の)ジェフリー・ライト、マイケル・ウィンコット、ゲイリー・オールドマン、デニス・ホッパー(本人もたいへんなアート蒐集家らしい)、クリストファー・ウォーケンと、もういい男揃いです。

そしてイタロ・カルヴィーノの木のぼり男爵 (白水Uブックス)
c0050387_15283543.jpg

一生を木の上で過ごしてしまう奇人の男爵と、イタリア社会の移り変わりを重ねあわせた物語。
奇想天外でいて、美しく、とてつもなく面白い小説です!
この少年男爵が美少女に恋するんですが、この美少女がとんでもなく意地が悪いのが、イタリア的でまたいいんですよ! 
おもしろく読める小説なので、ぜひどうぞ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2016-10-18 16:02 | カルチャーの夕べ
シルク・ド・ソレイユの「キュリオス」を観てきましたが、これがすーばーらーしかった!!!
c0050387_14574790.jpg

11月27日までNYでやっているので、みなさま必見です!
見逃したら、悔しくて地縛霊になるレベルよ!

なにがすごいか、解説していきましょう〜!

1,世界観の作り込みがすごすぎる!

なにがすごいかって、その アートディレクションと世界観の作りこみ。
スチームパンク(19世紀の風俗に、蒸気機関のコンピュータが出てくるような空想科学ジャンル)の世界観で、奇妙な機械や生き物が登場するんですが、もう細部に至るまで完璧に作りこまれているんですよ。
c0050387_1501229.jpg

副題は「Cabinet of Curiosities
これは「ふしぎの部屋」と呼ばれるもので、ウィキペディア先生によると、昔の貴族が世界中から集めたふしぎな物を飾っておいたもので、博物館の前身にあたるものらしいです。ほ〜。
c0050387_151031.jpg

2.始まる前から楽しい!

この「キュリオス」開幕する前から、いつものシルクと同様、楽しませてくれます。
どうも特別なチケットで、子どもたちが舞台の上を歩いて渡れるサービスもあるようでした。



始まりはマッド・サイエンティストの実験室のよう。
もうあっという間に、そのファンタジーな異世界に持って行かれてしまうわけですよ!

3 衣装がすごすぎる!

レトロモダンなスチームパンクの衣装がステキすぎ! 細部まで行き届いていて、200点満点!
c0050387_1524344.jpg


4、舞台装置がすばらしい!

これまた200点満点!
今回は資金も潤沢だったのか、すばらしく アーティスティックな舞台装置です。
c0050387_1533518.jpg


5、パフォーマンスもすごいし、バラエティに富んでいる!

パフォーマンスの質の高さはいわずもがな、今回は演目の構成もいいし、バラエティに富んでいる!

ヨーヨーのようなちんまり演技もあり、ダイナミックなトランポリンもあり、飽きさせません。

このヨーヨー演技をしているのは、じつは日本人のパフォーマーのBLACKさんなのです!
c0050387_1565658.jpg

すごいよ、ヨーヨーだけでよくあれこれできるもんだと、びっくりするよ!
速すぎて動体視力の悪いわたしには目が追えないほど¥!
こういうことを究めるのって、まさに日本人!と思いますわ。

6,妖しくてフェリーニの映画のよう!

「キュリオス」の世界には、シャム双生児や小人といった、見世物小屋的なモチーフがちりばめられて、あたかもフェデリコ・フェリーニ監督が描くサーカスの一座や旅芸人たち、はたまたジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ監督の「デリカテッセン」とか「ロスト・チルドレン」を彷彿とさせるんですよ!
c0050387_1592056.jpg

もうそのあたりが全部ツボなわたしにとっては、まさに「あたたたたたた」とケンシローに全身のツボを高速で押されたかのよう。

ああああああ、これよ、これだわ!
わたしがずっと恋いこがれていたシルク・ド・ソレイユ>はこれなのよ!

7,「アレグリア」の感動がある!

「アレグリア」を最初に観た時は、衝撃で魂が1万キロ上空までふっとんだんですが、その後それに匹敵する舞台に出会えないまま。

ディレクターが変わってからは、シルクを観るたびに「もの足りない」感が残っていたのでした。

たんにきれいな衣装や、風変わりな舞台で、サーカスを見せても、それはシルクの真骨頂じゃない

今回の客席を見わたしてみると、年齢層は高め
お子さん連れももちろん多いのですが、あとは熟年層です。

きっと「アレグリア」でファンになった層が、「あの感動をもういちど」と思ってリピーターになっているってことだよね。
わかるわー!自分がその世代だけに(笑)

この何年かは空振りしていたシルク。
ところが「キュリオス」には、「アレグリア」にあった重要不可欠な要素があるんですよ!
何かといえば、ずばり物語性
c0050387_15334620.jpg

全体の世界観をきっちり作り上げて、ひとつの物語を貫いている
だから、ちょうど飛び出す絵本のように、ページを繰ると、話がつながりながらも、次の場面に引きこみ、パフォーマンスを見せてくれる。
それがシルクを唯一無二にしているところだと思うのです。

8.全員が演技をしている!

そしてその物語に沿って舞台の全員が演技をしているから、まるで蜷川幸雄の群衆劇を観ているよう。
舞台の全部を目が追えないし、どの席に座ってもおもしろい!

9,おまけにセクシー!

さらにそこに色気も加味。
今回はとても官能の香りがして、セクシー。

男性ふたりの空中ショーがあるんですが、たくましい裸体を見せつける肉体美に、目が釘付け
c0050387_15173659.jpg

男二人が交わすエロティックな眼差しも、いいわー。

男女カップルの軽業師もSMチックで官能的だし、くねくねのイソギンチャクみたいな曲芸師もエロティックできれい。

まあ、お子さんが見ても官能的とは感じないだろうけれども、老若男女誰が見ても、ツボが用意されているってことですね、眼福、眼福。

10,びっくりのコンセプトの演目がある!

さらに今回はよくまあ、こんなことを思いつくもんだ!!! と思わせるコンセプト勝負の演目もあって、びっくりです。

これについてはネタばれしません。
実際にその目で確かめるのがいちばん。
びっくりするよ〜!

11, なにより本物だ!
c0050387_15342440.png

そしてこれだけ非現実の世界に誘いながら、それが全部リアルであるという、このすごさね。

今やCGでなんでも表現できて、今や映像では毎日、非現実を観なれているじゃないですか。
広告に載るレタッチされた女優さんの写真しかり、アクション映画しかり、ポケモンGOしかり。

でもこの舞台は、まるで夢幻の世界でありながら、生身の肉体とリアルな舞台装置だけでなりたっている。
そこがすばらしい!

なんて人間はいろんなことができるのだろう、なんていろんなことを考えつくのだろうと、そこにも感動します。

リアルな肉体を使って、非現実な世界に誘ってくれる「キュリオス」

きっと2017年以降にヨーロッパ公演やアジア公演もあると思うので、日本の方たちもこの名を覚えておいて下さいね。
観てソンなしです!
見逃したら、マジもったいない!20 年後悔 するよ!

NY公演は11月27日までありますが、場所はランデール・アイランドです。
ハーレムと、クイーンズのアストリアの間、イーストリバー上にある小さな島です。

124丁目から出るシャトルバスを使うのがお勧めです。
市営のバスや、タクシー、帰りはウーバーという手もありますが、帰りはめちゃ混むので気をつけて。


KURIOS
NY公演
期間:11月27日まで
場所:Randall’s Island Park

12月から、マイアミ公演。
2017年2月から、テキサス州ダラス公演
2017年4月から、テキサス州ヒューストン公演


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2016-10-17 15:39 | エンタメの殿堂
サドンデスの金網デスマッチみたいになってきた米国大統領戦ディベート
c0050387_13351129.jpg

日本の新聞を見ていると、あまりトランプのセクハラ発言をおおっぴらに出していないようなので(ていうか、下品すぎて書けないよね)、日本にいるみなさんにもわかりやすくご説明しましょう。

トランピーがセクハラ発言をしたのは、テレビ撮影のオフカメラの時で、楽屋で会話していたもの。

“You know I’m automatically attracted to beautiful — I just start kissing them. It’s like a magnet. Just kiss. I don’t even wait.”

「オレはさ、きれいなお姉ちゃんをみると、すぐに惹きつけられてキスを始めちゃうんだよな。磁石みたいなもんだね。キスだけだよ。待ったりできないんだ」

“And when you’re a star, they let you do it, You can do anything.”

スターなら、お姉ちゃんたちはさせてくれるんだ、なんでもできるんだぜ」

“Grab them by the p---y, You can do anything.”

おまん○をガバって掴んでやるのさ、なんだってできるぜ」

ちょ、待ったーーーーー!
いきなり女性のあそこを触るってあり得る!?
キャバクラ以外の場所で。てか、キャバクラでもいきなりガバッといく?

もうそれだけで「あり得ない!」の文字が、巨大な岩となって、空からドドーンと落ちてきた気分!

もしこれが事実なら性的暴力だってことで、性犯罪者が大統領候補ってところがおかしいだろ!

ディベートの冒頭で、司会のアンダーソン・クーパーがいきなり「あなたはテープ内で女性の生殖器を掴んだと発言していますが、事実ですか」と切り出したというのは、その理由から。
c0050387_1344059.jpg

さすがにアンダーソン・クーパーとしては「プッシー」とはいえないから、超真面目な顔つきで「生殖器」と口にしていましたね。

大統領戦ディベートで「生殖器に触った」なんて言葉が出てきたの、前代未聞でしょう。

それを「たんなるロッカールームの会話」として、逃げたトランプ。
「自分の発言で傷ついた人がいるなら謝るが、あれはたんなるロッカールームの会話だ」と。

—ほら、ロッカールーム(更衣室)で男同士がやんちゃ話をするだろ、アホだし、褒められたもんじゃないけどさ、わかるだろ、誰でもそういう猥談するじゃん。

みたいなノリで言い逃れたわけです。

それに対して「ちっともオーケイじゃない!」と怒りの声を上げたのが、全米の女性たち。
たちまちオンラインに流れ出したのが、#NotOK ハッシュタグ

これは「性的暴力に対してオーケイじゃない」と声をあげて、性的暴力への社会的意識を高めるという運動のハッシュタグなのですが、たとえばディベートのあとにアップされたのが、これ。
c0050387_13474420.jpg

性的暴力を吹聴することは、ロッカールームで話す冗談じゃない

その通り!
猥談と、性的暴力はまったく違う

女性ならおそらく誰もがなんらかの性的嫌がらせにあったことがあるはず。

痴漢される、知らない男に触られる、露出狂にあう、後をつけられる、下着を盗まれる、猥褻な言葉を浴びせられる、服になにかをなすりつけられる。

十代の時に、こういう嫌な目にあったことのない女性っていないんじゃなかろうか。
わたしも思い返すと、いくつも不快な経験が思い返されて、思い出すだけでもムカつきます。ああ、腹立つ!

それもとっさに抗議できない年齢や、抗議できない立場の人に限って狙われるのが性的暴力。

男性でも性的嫌がらせにあったことのある人なら、その不快さ、気持ち悪さ、腹立たしさをよくわかるはず。
たとえ経験なくても想像力があればされたほうの気持ちがわかるはず。

作家のKelly Oxfordさんがツイートで自分が受けた性的嫌がらせを流して、他の女性たちにも自分の経験をシェアするように呼びかけたところ、たちまち 万ものツイートが。

女性たちがこのハッシュタグを使って、

「9歳の時に、スクールバスの運転手に性的嫌がらせを受けた #NotOK 」

「バスのなかで知らない男に手を掴まれて、スマイルされた #NotOK」

といったように自分の嫌がらせを受けた経験をシェアするというもの。

考えてみれば、ほとんどの女性がそういう嫌な性的嫌がらせの体験をしているわけで、それをロッカールームでのジョークにされたら、冗談じゃねえよ!て話ですよ。

テレビ番組の賑やかしとして出ている下っ端タレントやモデルだったら、トランプに体に触られても、チューされても文句なんかいえないでしょう。

そこにつけこんでお触りするなんて、なんという下劣な男!
c0050387_1411086.jpg

それでも驚いたことに、そんなディベートの翌日すらトランプ支持に集まる人もいて、もうアゴが外れて、骨接ぎに行かなきゃいけないかと思いましたよ。

トランプ集会に来ている人に、インタビュアーが「昨日のディベートでどこがいちばんよかったですか?」と質問すると、

「自分が大統領になったら、ヒラリーを刑務所にぶちこんでやるといったところ」
「最後にお互いの良いところを言ったところ」

て、それって政治じゃないだろ!(°Д°)
ここまで衆愚政治になっているのって、どうよ。

この女性が持っているプラカードには、「いまだにこのくそったれ(トランプ)に反対しなければならないなんて、信じられないわ」
c0050387_13544642.jpg

激しく同意!
なんでまだいるのだ、オレンジ色のエロおやじ

ちなみにディベートの会場で、メラニア夫人が着ていたのが、奇しくもグッチの「プッシー・ボウ」シャツだったっていうのも、全米で大きな話題に。
c0050387_13554730.jpg

わたしがアレッサンドロ・ミケーレだったら「着ないで」とツイートしてるわ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
by erizo_1 | 2016-10-11 14:13 | 社会の時間