人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

これぞ霜降り肉、NYに和州牛の精肉店がお目見え!

ちょっとNYの奥さま、耳寄り情報よ!
マンハッタンになんと和州牛ビーフの精肉店がお目見えしましたー!

その名も「ジャパン・プレミアム・ビーフ」(Japan Premium Beef)
c0050387_1542862.jpg

え、和州牛ってなに?
というと日本の但馬牛の牡牛と、アメリカのブラックアンガス種の牝牛を交配した種なんだそうです。

そのおかげで両方のよい遺伝子を組みあわせた最高の肉ができるのだとか。

ここ5〜6年ほどの間に、すっかりNYのレストランで定着してきた和牛ビーフ。

なかでも「コーベ・ビーフ」はグルメにとっての垂涎の的で、全米的にもその名が轟いている。

おかげでレストランでも「Wagyu」と書いてあるメニューが増えてきたんだけど、
今まで専門の精肉店なんてなかったんですよね。

たぶん日本在住の主婦のみなさんだったら、
それで?
「だから?」
というクールな反応じゃないかと思うんですよ。

しかしNY近郊のひとたちならこのニュースに、
おおおおー
「ついに!」
と欣喜してくれると思うぜ!

日本式ビーフが買えるといったら、オレたちにとったらクリスピー・クリーム日本上陸どころの騒ぎじゃないのだ!
いえーい!

なぜってアメリカには焼肉用の肉やハンバーグ用の肉がないからなのよ。

もちろん挽肉なら売っているし、日系スーパーやコリアンタウンならカルビ肉も売っている。
でも日本で想定する、あの味ではないのねー。

いや、誤解しないで欲しいんですが、じつはエリぞう、アメリカのビーフが必ずしもまずいとは思っていません。
おいしいものはとてもおいしいよ。

ことドライエイジド(乾燥熟成させた)アンガス・ビーフのステーキなんて、すごくおいしい!
さすがぶ厚いステーキ肉にかける情熱は、アメリカ人はすごいと思う。

アメリカの牛肉というのは、基本的にローストしたり、ステーキにしたり、煮こんだりするのに向いているんだよね。
肉塊を食べるのに適した肉質なのだ。

だけど、「小さな一片」を味わうような肉の作られ方はしてきていない。
焼肉だのしゃぶしゃぶだのにいい、柔らかくてサシの入っている肉というのが存在しないわけです。

さらに「アメリカにはハンバーグが存在しない!」という衝撃の事実。

そう、アリメカにあるのはハンバーガーであって、ハンバーグではないのじゃ!

ハンバーガーはあくまでバンズに挟むものであって、そのパテは牛肉のみ。
合挽肉は使いません
タマネギだの卵だのパンだのも入れたりしない。
味つけもちょっと塩胡椒をするくらいで、パテをグリドルで焼くか、グリルするもの。

だからハンバーガー用の挽肉は赤身だし、歯ごたえも固め

いっぽう日本のハンバーグは別のもの。
あれは日本人の「練り物」好きが生みだした偉大な国民食だと思いますわ。

だってごはんに合うもん。
ハンバーガーのパテではごはんは食べられないけれど、ハンバーグとごはんは最強のタッグ!

しかしながらこれを作ろうとしても、アメリカの挽肉では脂肪分が少なくて堅いから、日本のような外側はカリッとしていて内側がふっくらジューシーなハンバーグにならないのね(涙)

しかしついに、ついに、ついに和州牛の登場ですよ、奥さん!
c0050387_1572818.jpg

和州牛の仔牛たちはオレゴン、ワシントン、アイダホにある牧場で25〜32ヶ月という長い時間をかけて肥育されるそう。
これはアメリカにおける一般的な肥育の2〜3倍の長さに当たります。

しかも育てかたは伝統的な「神戸牛」の肥育と同じスタイル。
餌はコーンや大麦小麦、藁といった自然な穀物をとり、アンティバイオティックスや成長ホルモンは一切与えない。
そのおかげで柔らかくて、ほどよくサシが入った牛肉になるらしい。

で、このジャパン・プレミアム・ビーフ社は、NY市内の一流レストランである「MEGU」や「Gramercy Tavern」などに和州牛ビーフを卸してきたとか。

それが店頭でも買えるようになったんだから、ラッキー!

しかも米国内で生産されているから、冷凍なし!
冷凍→解凍したのではない、美味なお肉が買えるのです!

c0050387_15134114.jpg

部位によって値段はまちまち。
ステーキ用特上サーロインは1ポンドで55ドル以上するらしい!
うひー!

でもステーキ一枚で30ドルくらいだから、日本での相場を考えると、まあ、決して無茶な値段ではないよね。

また挽肉はポンドで8ドルくらい、焼肉用ならポンド20ドルくらい、しゃぶしゃぶ用薄切り肉はポンド40ドルくらい。

あああーッ、薄切り牛タンも売っている!
すげー!
焼肉パーティしたい!
c0050387_15145993.jpg

お店の人に聞いてみたところ、グルメなアメリカ人たちが聞きつけて買いに来ているんだそうです。

NY近辺在住日本人にとっては「焼肉パーティ」「ふっくらハンバーグ」「しゃぶしゃぶの夕べ」への熱い野望をかきたててくれる店!

この日は寄るところがあったので買えませんでしたが、次は必ず保冷バッグ持って買いに来るどー!
おー!
みんなで焼肉会やろうぜ!

Japan Premium Beef
住所:57 Great Jones Street
電話: 212-260-2333
営業:10:00am ~ 8:00pm.


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で3位
全海外ブログのなかでは7位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
by erizo_1 | 2009-08-11 15:27 | NYのレストラン