人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タイガー・ウッズの浮気騒動と、服の法則を考える!

いや、すごいね、全米でのタイガー・ウッズ浮気報道
もう大騒ぎ。

24歳のカクテル・ホステス、ジェイミー・グラブスさんがタイガーとの浮気を暴露して、留守番電話に残したタイガーのメッセージを公開しちゃったのだ。
c0050387_14345754.jpg

ひえー。さすがのタイガーも立場なしぞう!

さらにレイチェル・ウチテルさんなるホステス、ラス・ヴェガスに住むカリカ・モーキンというプロモーターも浮気相手として取り上げられて、浮気相手が3人に!

浮気についてはここではまったく追求する気はないんですが、ニュースを観て「ほう」と思ったことには……。

この女性三人とも白人女性なのね。

ふしぎなことにブラックとか東南アジア系の子とか混じっていないんだね。
ふーん。
好みの問題なんだろうね。

愛人1号から3号まではルックスもよく似ていて、並べてみるとモデルの本妻が断トツにきれい。
奥さんは北欧系で、上品な感じ。

でもタイプとしてはカチッとした顔つきの白人ばかりなんだね。

そこで前々から抱いていた疑問が、エリぞうの心にむくむくとわきあがるのでした。

それはなぜか「浮気する男は、奥さんと似たような相手を選ぶ」という法則なのだよ!

さらに離婚したひとが再婚相手を選ぶとき、なぜか最初のパートナーにわりと似ている、というケースも少なくないのだ。

そういや前にも書いたけど、ブルース・ウィリスの今の奥さん。
デミ・ムーアにそっくりだよね。

だったらチェンジしないでも同じじゃん! 
というツッコミが喉から出かかるんですが、どうやらひとの好みって決まっているんだろうなと。

これはもしや「ひとはクローゼットにある服と同じ服を買い続ける」の法則なんだろうか。

ほら、みなさんも覚えがありませんか。

お店で気に入った服を見つけてゲット、でもちょっと待てよ、これって前にも似たようなのを持っていないか、という経験が。

そう。どういうわけだか、ひとは似たような服を繰り返し、買ってしまうのだ。

これだけ世の中にはさまざまな服があるっていうのに、なぜかクローゼットのなかには似たような服ばかり。

たまに冒険して違うのも買ってみるんだけど、着ないままタンスのこやしになっていたりする。

なぜだ、なぜなんだ?

結局のところいつも似たりよったりになるんだよね。

しかしわたしの長年の研究によれば、アドバイスはひとつ。
むだな抵抗はよせ」だね(笑)

だってがんばって自分の守備範囲じゃない恰好をしたところで、タンスのこやしが増えるだけだもん。

好みというのは、いいものを見たり、触れたり、経験していくことで洗練されていくもの。
いくらでも磨かれていく可能性はあるものです。

でも好みの方向性そのものは変わらないような気がするんだな。

ということはタイガーどん、これからも同じタイプを追求するね(笑)
一万タイガーバームを賭けるぜ!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

コメにいただいたんですが、そうそう、アメリカの建築ってすごいザッパーですよね。

エリぞうがアメリカに来た頃すごくカルチャーショックを受けたのが、
「窓やドアがゆがんでいる
ということでした。

だって窓にブラインドをつけるのでも、二辺を計るんじゃなくて、全部計らないと長さが違うんだもん!

クローゼットのドアもゆがんでいるから閉まらないし!
うぐぐぐ。

これだけゆがんだもの作っていて、ちゃんとシャトルを宇宙に飛ばすアメリカという国のレベルがよくわからない……。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
by erizo_1 | 2009-12-03 14:52 | ライフのツボ