コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

電子書籍であなたも著者になれるのか?

最近の大きな話題といえば、アイパッドやキンドルなどの電子書籍
はたして本はダウンロードするものという時代が来るんでしょうか。
c0050387_15371677.jpg
Vougeにもipad版が登場!

てことで、NYで行われるセミナーのお知らせです!

■ NYビジネスセミナー 8月25日(水)
電子書籍であなたも著者になれるのか?
講師:大原ケイ(リンガル・リテラリー・エージェンシー代表)


このセミナーでは「電子書籍であなたも著者になれるのか?」と題して、日米での日米出版業界の今後の行方と本の出し方に関するセミナーを行います。

本を書きたい、伝えたい情報がある、そんな場合にどこにどう持ち込めばいいのか?
いっそのこと自費出版にした方が儲かるのはないか?
あるいは自分で訳してみたい本が見つかった時など、どういう手続きを踏めば実現するのか?
アメリカ人にこそ読んで欲しい本がある場合はどうすればいいのか?
そんな疑問にお答えします。

ちなみに個人的に、大原ケイさんのことは15年近く(!)前から知っていますが、もともと日本の某大手出版社NY支局に勤めていた人なのだ。

そしてランダムハウスで日米出版の架け橋的な仕事に携わったあと、現在は文芸エージェントとして活躍中!

アスキー新書から著書「アメリカの電子書籍事情」がもうすぐ発売となります!

ケイさんは日米の出版事情を熟知していて、バイリンガルであり、文章も口も達者というおもしろい姉さんなので、これほど適任な講師はいないと思いますぜ!

えー、ご本人が照れくさいのかあまり自己宣伝しないので、オレが勝手に宣伝することにしまスタ!

エリぞうも当日はブブゼラをブーブー吹いて応援しようかと思います(←それじゃ、たんに嫌がらせだろ)

セミナー内容例
*キンドルやiPadは日本語を読みたい海外居住者にとって「買い」か?
*紙の本はどうなっていくのか?
*日本語や英語の本を発刊したい時はどうすればいいのか?
*電子書籍で自費出版は「あり」?
*日米出版業界はどこがどう違うのか?


講演の後は、講師を囲んでミニ懇親会を行います。

日時:8月25日(水)7時から9時まで
場所:日系人会会館 15 W. 44 Street 11th Floor(bet. 5 & 6 Aves.)
講演費: 会員 $25、一般 $30
お申込み:NPO法人JaNet



席が満杯になりそうらしいので、お早めに〜!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

日本はまだまだ猛暑のようですね〜。
ド疲れさま!

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

「読んだよ」の代わりに、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-08-18 15:40 | カルチャーの夕べ