人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メトロポリタン美術館のマックイーン展いよいよ8月7日まで

メトロポリタン美術館で開催されているアレキサンダー・マックイーン展サヴェージ・ビューティ Alexander McQueen: Savage Beauty.

いよいよ8月7日までです!

そして大好評につき、最終週末にあたる6日(土曜)7日(日曜)の夜は深夜12時までオープンしているそうです!
うひー!
メトロポリタン美術館のマックイーン展いよいよ8月7日まで_c0050387_14163169.jpg

NYに住んでいるみなさん、これは必見の展覧会よ!
観逃したら、一生悔やむわよ〜〜〜!

エリぞうは6月に既に観ましたが、いやもうすばらしかった!
圧倒的なクリエイティビティと、とてつもないと、そして狂気すれすれのイマジネーションに、やられました。

わたしが行った時は45分待ちでしたが、その価値ありです。
現在は夏休みとあって「2時間待ち」もあるようですが、それでも行ってみる価値あり!

展示はアレキサンダー・マックイーンがセント・マーチンの卒業に制作したコレクションからスタート。

「被害者をつけねらう切り裂きジャック」と題された有名なフロックコートで、人毛が縫い込まれているというところからして尋常じゃない。

その彼の才能をいちばん最初に見いだしたのが、ファッションエディターだったイザベラ・ブロー

彼女が初コレクションから収集していた眼力にも感服するし、展示されている服のかなりの数が、このイザベルの個人所有物だったことにも驚かされます。

そのイザベラは07年に自殺
そして2010年にはアレキサンダー・マックイーンも自殺。

でもこの展覧会を観ると、モードの死に神に取り憑かれる死というのもあるのかもしれないと、奇妙に納得もするんですよ。
メトロポリタン美術館のマックイーン展いよいよ8月7日まで_c0050387_141725.jpg

何度も繰りかえされるのモチーフやサド・マゾのイメージ、フリークを彷彿とさせるグロテスクな美、倒錯趣味、夢や象徴や神秘への傾倒、不安や憂鬱やはかなさに彩られたロマンチシズム、つねに新たな地平を切りひらこうとするアバンギャルドさ、人体と動物をかけあわせたような奇怪なフォルム。

そしてなによりこれだけの溢れるイマジネーションが浮かんでくるなら、それは現実社会と折り合いがつかなかったんじゃなかろうか。

ファッションに興味のあるひとはもちろん、女性の服に興味がなくても、その美しさで常識を吹き飛ばしてくれる展覧会です。

まだ行っていないニューヨーカーはレッツらゴーゴー!

そして観に行けない日本の方も、このビデオで楽しんでみて下さいね!




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
by erizo_1 | 2011-07-29 14:21 | カルチャーの夕べ