コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ホイットニー美術館で草間彌生回顧展が開催!

草間彌生の回顧展がNYのホイットニー美術館で7月12日(木曜)から始まります!
c0050387_7305522.jpg

この回顧展は、マドリードから始まって、パリのポンピドゥー・センター、ロンドンのテート・モダンと欧州の美術館をめぐって、ついにNYに上陸。

草間彌生といえば水玉カボチャのツブツブがまず頭に浮かびますが、彼女は1957年(昭和32年)にひとりで渡米し、NYでドナルド・ジャッドやジョゼフ・コーネルらと交遊しながら、アーティストとして確立した、ニューヨークとは縁の深い芸術家。

その活動の幅は広く、絵画のみならず、ソフトスカルプチャーなどの立体作品やインスタレーションを始め、60年代にハプニングと呼ばれるパフォーマンスを実行して、「前衛の女王」という異名も取ったほど。
c0050387_7272589.jpg

今回の回顧展では、親交のあったジョージア・オキーフの直筆の手紙や草間彌生の子ども時代の写真、初期の作品など貴重な資料も展示され、草間彌生のアート世界を包括的に展示します。

インスタレーションのFireflies on the Water (2002)は4階で展示されますが、いちどに入れる人数制限をするため、ホイットニー美術館のメンバーシップ保有者が優先的に入場できます。
c0050387_7265971.jpg

今回の展示会はNYでも非常に注目度が高いもの。
ルイ・ヴィトンがスポンサーとなっていて、草間彌生とのコラボになるカプセル・コレクションYAYOI KUSAMA FOR LOUIS VUITTONもを出すために、アート・ファンのみならず、一般への浸透度が高いのを感じます。

さらにハドソンリバーパークのPIER45(West Street and 10th Street)には、こんなコラボのパークも出現!
c0050387_7332846.jpg

うわー! NYの街じゅうが水玉まみれ!

そして五番街のルイ・ヴィトン旗艦店は水玉模様に!
ショーウインドーには彌生さまマネキンもいます。
c0050387_7355286.jpg

すごい人だかりでスタ!
もはや観光名所

こちらがルイ・ヴィトンに現れた彌生さま!
よく見ると椅子も水玉模様になっているー!
c0050387_720177.jpg

c0050387_7204476.jpg
Photo: Bek Andersen
モデルも彌生さまのクローン化!
もはやNYを彌生さまがジャック!
c0050387_7312045.jpg

詳しくはこちらのNY Magazineの記事をどうぞ。

50年前にひとりでNYに乗りこんだ日本人女性アーティストが、今日これほど世界を動かすとは感動的ですね。

この夏必見の展覧会は9月30日まで。

ホイットニー美術館は金曜日の6:00~9:00pmは入館料が任意になっていて「いくらでもお好きな金額でオーケイ」な時間帯なので、学生さんもこの時間帯を狙ってどうぞ。

草間彌生回顧展
7月12日(木)〜9月30日(日)
Whitney Museum of American Art
945 Madison Avenue at 75th Street New York, NY

Tel: 212-570-3600
開館時間: 水木土日:11am〜6pm  金:1pm〜9pm
月火:休館
入館料:一般18ドル、19~25歳12ドル、フルタイムの学生12ドル
金曜日の6:00pm~9:00pmは任意

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-07-12 07:32 | カルチャーの夕べ