コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NYのヒップな若者たちが集まるジャパニーズ・レストラン「ファミリー・レシピ」

ロウアーイーストサイドに出来て、人気を集めているジャパニーズ・レストラン「ファミリーレシピ

ニューヨークタイムズニューヨークマガジンにも取りあげられて絶賛という人気店。
ミシュランでは、なんとビブ・グルマン賞を受賞!
c0050387_1221348.png
Stephen Scott Gross for The New York Times

日本人女性のアキコさんがオーナーシェフですが、じつは調理師学校で学んだわけではないそうです。

東京のグルメな家庭で育ったアキコさんは料理が好きで、そして旦那さんに作ってあげていたお弁当が話題になって、グラフィックデザイナーから料理人に転身したとか。
あのNOBUで修行した方だそうです。

なんたってファミリーレシピというくらいですから、てっきりカボチャの煮付けとか肉ジャガとかがあるのかなと思い込んでいたんですが、まるっきり違っていましたよ!

ミニマルなインテリアのオサレな店内。
c0050387_122423100.jpg
店内はあまり広くないので、OPEN TABLEで予約しておくのがお勧めです。

雲丹とイクラを乗せた海苔の天ぷら
おおー、ゴージャス! 美味〜〜!
c0050387_1225573.jpg

こんな豪華なお総菜をマジで家で食べている家庭があったら、すごすぎ!
中学生男子がいる家庭でこんな夕飯食べていたら、破産ですね(汗)

このアーティスティックな盛りつけの一品は、牡蠣のフライをオープンサンドに乗せたもの。
おいしい!
c0050387_12265064.jpg

芽キャベツの味噌バター添え。
もろみ味噌がミソ!
c0050387_12272331.jpg

はっきりいって家庭料理から真逆にある、創作ジャパニーズ・タパス・レストランというほうが正しいです。

たしかに「好み焼きお」とか「ししとう」とか、なじみのあるメニューが並んでいるんですが、そういう家庭の味をおしゃれに再構築しました! 的な方向性ですね。
c0050387_12283972.png

ずばり新橋のおじたん度はゼロ
店員さんたちもやたらとヒップな雰囲気でカッコよす。

そのせいか店内の客構成がほぼアメリカ人のみ、それもヒップスターな若者のみなさんなのですよ!

すなわちストリートファッションが得意で、ハンチング帽とかニット帽を被っている率が高くて、半袖のシャツからタトゥが見えている率が高くて、ジーンズの前ポケットにiPhoneを入れた色落ちができていて、音楽とかアートとか好き、フェイスブックに2000人くらい友達がいて、一日100いいね!がつきそうな若者たちが集っているわけです。
うひょー!

デザートは並んで出てくるミニアイスクリームがかわいいです!

メニューにベジタリアン食がけっこう多いのも客層を感じさせるところ。

NOBUが話題になった頃は、お金持ちが行けるのが目先の変わった創作ジャパニーズだったものですが、いまやロウワーイーストサイドのヒップな若者が行けるほど浸透しているのが時代を感じさせます。

まさに今時のニューヨークを感じさせるファミリー・レシピ。
旬のオサレ・スポットに行きたい方にお勧めです。

4月13日からブランチもスタートするそうです!

Family Recipe
231 Eldridge Street between Clinton and Houston streets New York, NY 10002
電話:212-529-3133
営業:火曜〜水曜 18:00~23:00 木金土曜 18:00~0:00 日曜17:30~2:00
定休日:月曜



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2013-04-08 12:47 | 食の魔宮