人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ファンタジーアート Maelの展覧会

どーも。ただいまです。
NYに戻ってきたら、いきなり夏まっさかりだーーーー!
ぬー。暑い、暑すぎです。
いったい春と初夏はどこにあったんでしょうか。

さてさっそくお知らせです。
私の友達であるファンタジーアートの画家、Mael(マエル)さんの個展が、NYCooギャラリーで開催されています。

NYCoo Gallery (ニューヨーク・クー・ギャラリー)
408 West 46th Street #2, New York, NY 10036

Tel/Fax : 212-489-0461 (日本語オーケイです)


「Narsilion : ナルシリオン(太陽と月の歌)」
6月8日〜6月25日
オープニング・レセプション: 6月10日(金曜)5:00-800PM


「Narsilion : ナルシリオン(太陽と月の歌)」は、映画「The Lord of the Rings」の原作者 J.R.R. トールキンの「Middle-Earth(中つ国)」からインスピレーションを得ている作品集。
ジャンルとしてはファンタジーアートです。

ファンタジーアートってなによ? という素朴な疑問から答えていきますと、ようはファンタジー世界を素材にしたアートのこと。

SFからヒロイック・ファンタジー、あるいは異世界モノ。そして今回のマエルさんの作品集のように「指輪物語」といった題材から画想を得ているアートといったようにバリエはさまざま。

で、これがアメリカでは非常にメジャーなジャンルで、本屋さんにも画集がよくあるし、SFやファンタジー系の本の表紙といったら、必ずコレもん。

数年まえにニューヨークでは、天野吉孝さんの大々的な展覧会があったのだけど、それだけファンタジーアートに対する需要があるってことなんだろうね。

で、マエルさんですが、彼女はもとイラストレーター。
アメリカに来てから、映画の「ロード・オブ・ザ・リング」に触発されて、ファンタジーアートを創作しはじめたとか。

すでに数々のコンベンションに参加して受賞、ファンタジーアート界のオスカーとも呼ばれるチェスレー賞にもノミネートされているのだ! 
どひゃー!

アメリカでファンタジーアートというと、エアブラッシュを使ったリアルタッチやCGのもの、あるいは油絵タッチのものが主流なのだけど、マエルさんの場合はペンと墨を使っているのが特徴で、線がたいへん美麗。

画を見ていると、異世界にひきこまれそうになるマエルさんのアート。
ことに美形好き、耽美ファン、ファンタジー好きにはたまらない作品集じゃないかと思います。

マエルさんに興味をもった方は、ぜひ彼女のブログ、ブリブロもチェキしてみてちょう。
創作課程の秘密がセキララに語られていて、おもしろいです。

なおマエルさんは、ウェブマガジンNYニッチではブリス・アップルドアなるペンネームで映画評も書いているので、ニッチ読者にとってもおなじみなのでは。

レセプションは、10日の金曜日、夕方5時から。

NY近郊にお住まいの方はぜひぜひどうぞ。誰でも入れて、ワインやオードブルもあるらしいよ。

ぜひ「指輪物語」が好きなかた、ファンタジーアートに興味あるかた、あるいは自分もアメリカで個展を開いてみたいかた、NYニッチの読者さん、こぞってご来場ください。

もちろんあてくしも伺っています!
by erizo_1 | 2005-06-10 04:08 | カルチャーの夕べ