コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

「聖地」を巡る写真家、稲田美織さんの撮った「伊勢神宮」が神々しく、美しい!

2001年、NY同時多発テロをマンハッタンの自宅で目撃した衝撃で、世界の聖地を訪れて撮影している写真家、稲田美織さん。
c0050387_15214432.jpg

ネイティブ・アメリカンの聖地から、イスラエル、パレスチナ、メキシコ、ギリシア、ウクライナ、アンコールワット、雲南省チベット寺院など10年以上をかけて世界中で撮影を。

そして伊勢神宮で二十年に一度ある「式年遷宮」、そして60年ぶりに行われた出雲大社の「大遷宮」を撮影したという稀有な写真家なのです。

神事に係わる方が見ればこの人ならば撮影してもよい、と感じさせるなにかがあるのでしょうね。
c0050387_15223158.jpg

先日、機会があって美織さんと会った時に、チベット自治区でいろいろと神秘体験した話を聞いたんですが、これがすごかった!
ほとんど笑い話みたいに、すごい!
さすが法王庁からダライ・ラマ法王の撮影を頼まれる写真家だけある!

なんというか、カパッと人間を包む殻のどこかが開いていて、そこから出ていると、上から来る光の波長をあわせられるような人っていうのか。

わたしはオーラは見えないタイプですから、そういう感じ、としか表現できないんだけど、そういう感じの人(笑)

で、この美織さんの撮った写真が、本当にすばらしく神々しく美しいのです。
その奇跡のような光や景色を一瞬にして掬いとっている。

こちらはブルックリンのJコラボで行われた、伊勢神宮と出雲大社の写真についてのレクチャーのもようです。
c0050387_1563083.jpg

やはり神様が遷られた時には、一陣の風が巻き起こるらしいですよ!

日本人の「神」と「稲」、そして浄らかな「水」と「木々」が分かちがたく結びついているのも興味深いし、空に浮かぶ雲も神々しい。
c0050387_1524319.jpg

この伊勢神宮の写真は、ブルックリンのJコラボに展示されています。
カフェも併設されているので、ぜひ立ち寄って覗いてみる価値あり。

その聖なる光、清浄な水と緑、きっぱりと美しい本殿や鳥居。
見るだけで、心が清々しくなります。

美織さんのウェブサイトでもギャラリーで写真が見ることができるので、美しい光景で心を清々しくしたい時にぜひ。

J-LABO BROOKLYN:
300-302 7th street Brooklyn, New York 11215
7月18日まで
無料


c0050387_15195684.jpg

伊勢神宮 水のいのち、稲のいのち、木のいのち

c0050387_15201817.jpg

奇跡に出逢える 世界の聖地


c0050387_15203313.jpg

水と森の聖地 伊勢神宮 (小学館文庫)
[PR]
by erizo_1 | 2015-07-12 15:28 | カルチャーの夕べ