コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ひでこコルトンさんの「NYのおもてなしレシピ」が発売!ゴージャスで、使えるレシピ満載!

c0050387_13483141.jpg

NY在住の人気料理研究家ひでこコルトンさんの「 NYのおもてなしレシピ」が講談社から発売!
その出版記念のクラスがありました。

こちらがその著作です!
c0050387_13484612.jpg

人気料理教室「 NY*おもてなし料理教室」を主宰しているひでこさんは、米国フジテレビの料理コーナー「いま旬クッキング」などでもおなじみ。
c0050387_1349237.jpg

会場はコルトンさん流にゴージャスに飾られていて、ホリデー気分満載。
c0050387_13491653.jpg

大人気の料理研究家であるひでこさん、この日の特別クラスは「ホワイトとゴールド」をテーマにして白を基調にしたファッションの方が集まりました。
c0050387_13495819.jpg

うわー、きらびやか!
お美しい受講者の方が多くて、圧倒されます。

さて、この日クラスでは、本のなかから、「チキンのマルサラ酒煮込み」「りんごとゴルゴンゾーラのキッシュ」「温製レタスサラダ」「カモミールのパンナコッタ」を教えてくれながら、その場で50人分を調理!
c0050387_13521236.jpg

ひでこさんのお料理クラスは、わたしも習ったことがありますが、驚くことに、わたしでもできるくらい、難易度は高くなく、作りやすいのです。

それでいて美味しい!
しかも見栄えがする、という良いことづくめ。

ことにチキンのマルサラ酒煮込みは、わたしは何度もリピートしていて、定番にしているほど。
これ簡単で、美味しいですよ。

リンゴとゴルゴンゾーラのキッシュ、焼いたレタスのサラダもお勧め!
c0050387_13523112.jpg

できたお料理をいただきましたが、どれも美味しい!
こちらは前菜で出たパプリカのツナクリーム乗せ
c0050387_1356082.jpg

ひでこさんと旦那様のジョナサンさん。
c0050387_13531388.jpg

ひでこさんはアメリカに来てから本格的に料理を専門学校で習ったという経歴があり、なんと CIA出身なのです。

CIAといってもあの諜報機関じゃなくて、「カリナリー・インスティチュート・オブ・アメリカ」という全米で権威ある料理学校なのです。

アンソニー・ボーデインらセレブ・シェフを輩出している料理の専門大学です。

そこでみっちり学んだフレンチの手法を、毎日の料理にも生かせるように落とし込んでいるレシピがすばらしい!

たとえばパイ皮は「イチから作っても冷凍の皮を使っても味は同じなので、冷凍のパイシートを利用しましょう」と合理的。

いっぽうソーセージの香辛料は、手作りでミックスしたフェンネルや香辛料という、ウソのない、本物の味なのです。

ハムやソーセージのような加工食品は、消費者にとって添加物が分からないだけに、自分で手作りできる、安心な素材は嬉しいですよね。

NYにはひでこさんのファンがいっぱい。
c0050387_13502766.jpg

c0050387_13593855.jpg

じゃじゃーん!
c0050387_1413034.jpg

左から「いま旬クッキング」でいつもひでこさんとタッグを組んでいらしたフジテレビの久下香織子アナウンサー、そしてEXROYALの石田多叡子さん、ジャズ・ミュージシャンの大江千里さん、

シズカ・ニューヨーク・デイスパの静さんと。
c0050387_1444342.jpg

シンガーソングライターのAKさんと。
c0050387_14512.jpg

大江千里さんはじつは料理を作るのが好きで、前にも「NY*おもてなし料理教室」に参加されたほど、仲良し。
c0050387_1455777.jpg

お土産には、ソーセージの香辛料つき!
これは嬉しいです!!!
ていうか、これ、売り出して欲しいんですけど!
c0050387_13591020.jpg

この本のなかでは他にも「サーモン・グラヴラックス」「梨とルッコラのサラダ」「タマネギとグリエールチーズのタルト」をいただいたことがありますが、どれもお勧め。

ことに「サーモン・グラヴラックス」はスモークサーモンのようなサーモンが家で出来てしまうので、びっくりですよ!
新年のおせち料理にもぴったりです。
c0050387_1475282.jpg

このレシピ本、日本では「こんなの初めて!」「意外!」といった料理法もいっぱい詰まっています。

日本でも手に入る、ちゃんと作りやすい素材のレシピだけにまとめてあります。

そしてNYスタイルのステキなパーティ術もハウツーを披露。
c0050387_1462938.jpg

おもてなしの天才ひでこさんの本をぜひご覧下さいね!

Amazonの詳しい説明はこちらでどうぞ!

「新鮮! こんなの初めて!」 NYのおもてなしレシピ (講談社のお料理BOOK)
c0050387_1465376.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2015-12-22 14:22 | 食の魔宮