人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 03月 31日 ( 1 )

耳が大好き!

わたしは、耳がとっても好き。
うちのブーこと、ピータローの耳が、わたしにとってはフェイバリット・シング。

といっても、べつだん耳フェチじゃなくて、うにうにと触って遊ぶのが好きなのです。

うんと小さなときは、親指を吸いながら、自分の耳を触るのが癖だった、わたし。
それは、おばあちゃんの耳を触るという奇行に発展したのでした。

さらに恐ろしいことに、成長するにつれ、周りにいる友だちの耳や鼻やほっぺたを触りまくるという蛮行に出るようになったのだ!

だって女の子のほっぺたって気持ちいいんだもーん。
そういえば、ものすごく鼻の柔らかい友だちがいて、わたしはしょっちゅう彼女の鼻をつまんでいたものだ。

あと女のひとの柔らかい二の腕も好き。
それも筋肉がなくて、タルタルした感じの二の腕って、触って気持ちいいよね。
癒し系のタルタル二の腕、ラブ!

そうやって友だちの鼻や耳やほっぺや二の腕を触りまくって、周りに迷惑をおよぼしていたわたしなのですが、ついにパーフェクトな標的を見つけたのだ!

それがうちの旦那だったのであーる。

24時間いつでも耳を触ることができる相手がいる!
うーん、すばらしい。
結婚っていいよねー(←間違った解釈なので、シングルのひとはスルーして下さい)

そしてピータローは触って気持ちのいい、柔らかい耳の持ち主なのだ!

囓ってよし、耳たぶを味わってよし、触ってよし、畳んでよし、という理想的な柔らかい耳。
これはもうわたしのために神がカスタムメイドされた耳としか思えない。

ことにわたしが好きなのは、耳でギョーザを作ること

耳をおりたたんでギョーザみたいな形にするのだ!
「わーい、ギョーザ、ギョーザ」
と喜んで、耳をもてあそぶエリぞう。

それをブーはにこにこしながら喜んでいる。
なんてわけはなくて、彼としては当然うるさくて「放せー」とイヤがるのですが、そんなのは無視するのだ(←鬼ヨメ)

相手が「だーッ! うるさい!」と怒り出すまで、耳をいじるところに醍醐味があるといえましょう。

しかもピータローは怒ったあとで、しばらく経ってから、ふいに気弱になって、わたしの仕事部屋を訪れ、
「さっきはごめんよー。耳を触ってもいいよー」
とひよってくるという性癖があるのだよ!

ふふふふ。それを見越して悪行におよんでいる、わたし。
なんちゅう邪悪な妻であろうか。

全国の耳好き党のみなさん、ぜひ結束しましょう!
by erizo_1 | 2006-03-31 16:01 | うちのピータロー