コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0050387_14023203.jpg

ニューヨークで、2018年のプライドパレードがありました!

これはLGBTQの「誇り」を持つパレードとして、NYCの名物にもなっているもの。

1969年にゲイの溜まり場となっていた「ストーンウォール・イン」を警察が検挙した時に、ゲイのコミュニティが反対運動をしたのが、きっかけになっています。

さて今年のパレードは大規模

とにかく参加者の数がすごすぎるー!

こちらはおなじみディズニー

マーベルの風船と、ミッキーマウスが並んでいるのが、ものすごい合併感。

c0050387_14044035.jpg
昔は「ゲイ・パレード」と通称されていて、ドラッグ・クイーンのお姉さま方が着飾ったり、レザーで固めたハードコアなゲイの兄ちゃんたちが歩くといった、手作り感あるものだったんですよ。

しかしながら、今どき参加しているのは、企業が多いのね。

モーガンスタンレーから野球のMLB、化粧品のロレアル、キールズ、リフトといったように、あらゆる企業が参戦。

c0050387_14054265.jpg

M&Mがチョコレートを配ったりして、なにか企業の宣伝、コマーシャルなものになったなー、という気分もします。

しかしcorporate social responsibility(略称:CSR)=企業の社会的責任として、今どきLGBTQ を支援しない企業は「あり得ない」という流れになっているわけで、これは大いなる進歩ですよね。

今回けっこう目立ったのが、ノーブラの女性たち。これは増えましたねー!
c0050387_14154272.jpg
参加者も見物するほうもけっこうノーブラちゃんがいました。

あと見るほうも変わりましたね。

昔は見ているほうはフツーの市民だったけれど、今はレインボーのファッションがマストハブ。

なにかレインボー・フェスになっているのも、すごい!

c0050387_14063141.jpg

来年はレインボーな格好で見に行かなくちゃ!

ディズニーさんからは、虹色のミッキーマウスのシールをもらいました。

c0050387_14070063.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2018-06-25 14:21 | 社会の時間


c0050387_14052260.jpg

じゃじゃーん、黒部エリぞうが、日系人会ビジネスウーマンの会で講演会をいたしますー!

ええええ、オレなんかが、オレなんかが、そんなことしていいのかー!?

というのは置いておいて、内容は文章術です。
題して、
―プロが教える“言葉の着こなし”術 ―
誰もが発信できる時代だからこそ、
人を惹きつける文章のコツがわかれば、あなたらしさが輝きだす


さまざまな雑誌で情報を発信しているエリぞうが、30年の経験わたって培ったライティングのコツを、面白く、楽しく、誰にでもできる方法で公開します。

もともとヒッキーで、人前に立って話すことが苦手なわたし。

今回の講演も
「ムリムリムリムリ、絶対ムリー!」
と逃げ出そうとしていたのですが、今年は安全圏を抜け出して挑戦することにしました。

わたしがみなさんにシェアできる知恵といったら、ただひとつ書くこと

雑誌では、女性誌から男性誌まで幅広く書いてきています。

c0050387_14353492.jpg


そして少女小説家「青山えりか」としては、30数冊の文庫本を出してきました。
c0050387_13472944.jpg

こんな本を書いていたんですねー。
きゃー! われながら、幅広すぎ!

そしてブログをまとめた文庫本は生にゅー!生でリアルなニューヨーク通信として文春文庫から出ました。
現在はkindle 版で発売しています。
c0050387_14094737.jpg

いわば文章の職人みたいなわたし。
それだけに「これがコツ」というものをわかりやすく解説できます。

現代ではネットの発達で、今や誰もが発信できる時代です。
なにを発信してもいいし、好きに書いていい。

でもそれだけに、どう書いていいか悩むこともありますよね?

お喋りなら得意でも、なぜか文章になると、いいたいことがうまくいえない人もいるし、どうまとめていいかわからないというケースもあるはず。

現代では定型文なら、コンピュータに任せれば書ける時代です。

では、あなた自身の声は? 
自分らしい文章とは? 
どこかで聞いたような文章ではない自分の言葉とは?

これはむずかしいものではなくて、じつは誰でもちょっとしたコツを覚えれば、できることなのです。
ほんの少しの工夫で、文章は変わります。

ご自分のビジネス、あるいはSNS、あるいはご自分というブランドを輝かせるために、簡単なコツを覚えてみてはどうでしょうか。

当日のモデレーターはシンガーソングライターのAK Akemi Kakihara Krivizさん。
ぷがぷがどんどん〜!
c0050387_14115136.jpg
また講演では、黒部エリが取材をしてきたNYコレクションの舞台裏や、インタビューしたことがあるレディガガ、ジジ・ハディッド、トリーバーチなどの裏話もてんこ盛りにします。

c0050387_14121243.jpg

c0050387_14122667.jpg

c0050387_14121834.jpg
c0050387_14150033.jpg
そして「人を惹きつける文章のコツ 10箇条」で、簡単に覚えられるコツを伝授します。

現代はひとりひとりが自分らしさを生かして発信できるマイクロメディアの時代。

あなたの魅力をより引き立てるのは、あなた自身の言葉です。

この講演会では、ちょっとした頭の体操など、楽しく面白く、言葉の練習をできる場を設けます。

ぜひ楽しみながら、言葉の使い方をお持ち帰り下さい。

みなさまとお目にかかれることを楽しみにしています!

黒部エリ プロフ

インドネシア生まれ。東京育ち。早稲田大学文学部卒業後、ライターとして講談社Hot Dog Pressで仕事を始め、当時「ヤリマ」「アッシー」などの言葉を作って流行らせる。
89年から講談社X文庫より、青山えりかのペンネームで少女小説を執筆して30数冊刊行。累計250万部以上売り上げる。
94年よりニューヨークに生活拠点を移す。
ニューヨークのファッション、美容、ウェルネス、食などのトレンドについて女性誌および男性誌で発信。
「WWDビューティ」「ヴォーグジャパン」「エル・グルメ」「マイエイジ」「ゼクシィプレミア」「ハーパーズバザー・ジャパン」などで執筆。

▪️ 日時:6月11日(月)
受付開始 6:30pm / 開演 7:00pm
▪️ 場所:日系人会ホール  49 West 45th Street 11階
▪️ 参加費:  ゲスト $30 / JAAメンバー $25 / 学生 $20   (軽食付) 
  (現金 or チェック=宛先 JAA )
▪️ 締切:6月 9日(土)
▪️ 申し込み先:  event.jwb@gmail.com (自動応答あり)    自動応答がなかった場合/ info@exroyal.com
c0050387_14141203.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2018-06-04 14:43 | エリぞうのお仕事