人気ブログランキング |

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2020年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15184954.jpg



Aunt Jemima アント・ジェマイマ)のブランドを持つ、クエーカー・オーツ社(親会社ペプシコ)が、617日に、

「オリジナルが人種偏見にもとづいたものだったから」

とネーミングと、ロゴイメージを変えることを発表しました。


現在、大きく盛りあがっているBlack Lives Matterブラックライヴズ・マター)、反黒人差別のムーブメントを受けての決断です。


アメリカに住んだことのある人、旅行でもスーパーマーケットに行ったことがある人なら、朝食売場か冷凍食品売場で見たことがあるはず。


アント・ジェマイマ パンケーキミックス


私も買ったことがありますが、いかにもアメリカンなおいしいパンケーキを手軽に作ることができます。

アメリカン・カルチャーを代表する商品です。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15192486.png


「ジェマイマ」というと、ピーター・ラビットのファンは「あひるのジマイマさん」を思い出す人も多いかもしれませんが、それと同じネーミングです。


箱には、ブラックの女性の顔が描いていて、この人がジェマイマさんらしい。

いったいこれのどこがいけないのか?


このロゴとネーミングは、なにもブラックの社長が「料理自慢だった叔母さんのレシピを商品にしたもの」ではないのです。


そもそも「ジェマイマおばさん」は実在しない

では、ジェマイマおばさんとは誰なのか?


初期のパッケージはこんな感じで、太った黒人の中年女性、いかにも女中という出で立ちです。

これがもともとの「ジェマイマおばさん」


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15190252.jpg


奴隷制度の時代には「ハウス・二グロ」と呼ばれる、屋敷のなかの用を足す奴隷たちがいました。


畑仕事をする「フィールド・二グロ」よりも作業は楽だし、衣食も足りていたから、農園の黒人奴隷からしたら特権に映ったでしょうが、それでも奴隷であるのには変わりない。


一生ただ働きさせられて、自由にどこかに行くことができず、結婚も出産も自由にできない存在であるのは変わりない。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15232617.jpg



Aunt」というのも「叔母さん」という親戚をあらわすものではなく、年取った黒人奴隷につける呼び方です。


台所を預かっていたのは、黒人女性の奴隷たちで、「風と共に去りぬ」でのマミーという奴隷のように、

「太った気の良い、ニコニコして白人のご主人に仕える、料理上手のおばさん」

というイメージが浸透していたのです。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15191969.jpg


こういう「太った中年のマミー」のイメージというのは、白人のご主人にとっては魅力的ではないので、白人の奥様にとって脅威にならないという意味もあったらしい。


実際には、多くの黒人奴隷女性たちが、白人の奴隷所有者やボスにレイプされたため、現在のブラックの多くがミックスであるのですが、そのあたりの「性的」イメージを持ち込まないのが、「太ったマミー」だったわけです。


「ジェマイマ」の名前は、19世紀に流行った「ミンストレル・ショー」の登場人物から来ているそう。


このショーでは、白人が黒塗りにして、まぬけな黒人を演じるというコメディだったのだけれど、そのなかに出てくる「年寄りのジェマイマばあさん」


そして1898年に「セルフライジング・パンケーキ・フラワーミックス」(小麦粉にベイキングパウダーが加えられていて牛乳を加えると膨らむ生地)を、創業者が売り出す時に、このジェマイマさんのイメージを利用したらしい。


そして元奴隷であったナンシー・グリーンさんをモデルにして売り出し、「古き良き南部」のイメージをアピールしたのです。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15185658.jpg


南部の料理上手な黒人奴隷のおばさん」が作るパンケーキだからおいしい、というセールスであったわけです。


近年になってから、ジェマイマばあさんはきれいな黒人女性のイラストに変わったのだけれど、あいかわらず実在しない「ジェマイマ」であることは変わりない。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15190726.jpg


この「クエーカー・オーツ社」は、現在ペプシコの傘下となっていますが、実はこのブランドですらクエーカー教徒には一切関係なく、たんにクエーカー教徒の誠実さ、実直さのイメージを借りたブランディングです。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15442427.jpg



このクエーカー教徒の男性も、まったく商品とは関係ないイメージ商法なのです。

てっきりクエーカー教徒が作っているのだと思っていたので、知った時は驚きました。

またアメリカでは有名な Uncle Ben's Rice 「アンクル・ベンのライス」というロングセラー商品もあります。

現在は、マース社の傘下。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15191403.jpg



こちらは黒人の老人が蝶ネクタイをつけたイラストがトレードマークです。

では、この「ベンおじさん」とは誰なのか?


これまた架空の存在で、ハウス・二グロである召使いの老人を表しているのです。


「アンクル」という呼び名は年寄りの黒人奴隷や召使いを指すタームで、「アンクル・トムの小屋」と同じ使い方になります。


ちなみに奴隷制度の悲惨さと悲しみを表した小説とされる「アンクル・トムの小屋」は、20世紀半ばから「白人に従順な、敗北主義の象徴」とされて、この主人公を唾棄するブラックが多いので、ご注意を。


実はこのインスタントライスは、学者による発明であって、テキサスに工場を持つ企業なのです。

けれども「イギリス人とドイツ人の発明によるインスタントライスです」

という売り方でアピールしても、まったく美味しそうに響かない。


人工的な代物に聞こえて、商品アピールに欠けてしまう。


そこでマーケティングとして、架空の「ベンじいさん」を作り出したもの。

パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15252962.jpg



つまりモーガン・フリーマンみたいな実直そうな黒人奴隷がサーブしてくれる「南部スタイルのライス」という売り出し方だったから、美味しそうに響いて、売れたわけです。



ドライビング・ミス・デイジー」のように、実直で、主人を裏切らず、つくしてくれる召使いがいるというのは、アメリカ社会では、ある種のファンタジーをもたらしてくれるイメージといえるでしょう。


日本でも「マダム・ヤンの中華」というのが売り出されたことがありましたが、あれも架空の楊夫人、台湾だか香港だかのマダムの本格的レシピだから美味しそう、というマーケティングでした。


アメリカでも寿司屋やラーメン屋は、たとえ他の民族が経営していても、日本的なネーミングの店名にするものです。


そのくらいステレオタイプというのは、マーケティングには役にたつ。


しかし黒人奴隷のイメージだけ勝手に使っておきながら、黒人の地位向上のために貢献してきたわけではないですから、商標の変更は当然のことでしょう。


またこうしたアイデンティティの盗用は、消費者を騙しているともいえるので、これからの企業倫理では購買者に支持されないといえます。


同様に、近年問題視されているのが、ネイティブ・アメリカンをマスコットやロゴとして扱うこと。

全米では、約450社が先住民をロゴに使用しています。


なかでも著名なアメリカンフットボールのチーム「ワシントン・レッドスキンズ」の名称とロゴは、差別にあたると論争を呼んでいます。


食品会社では、ネイティブ・アメリカンの絵をあしらったLand O Lakesランド・オー・レイクス)も、2020年に従来のロゴを変更することになりました。


同社はミネソタ州で、1921年に320の酪農家が協業して立ちあげたもの。

パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15193047.jpg


パッケージでは「ミア」というネイティブ・アメリカンの女性がバターを捧げもっているのですが、実際にはネイティブ・アメリカンが経営しているわけではなく、たんにマスコットというだけ。


同社では今後は「農家が経営していることを前面に打ち出す」と決定して、風景だけのパッケージに変更。


「ネイティブ・アメリカンはロゴやマスコットではない」

という観点から、ロゴ刷新という流れができています。


パンケーキの箱に隠されたヤバい人種差別。「ジェマイマおばさん」とは誰?_c0050387_15193428.jpeg


「そんな細かいことを」

「重箱のすみをつつくようなことを直していたらきりがない」


という意見があれば、そんな重箱の隅にいたるまで浸透していたのが、人種差別だということです。


人種差別というのは、スーパーマーケットの食料品売り場にもひそんでいるもの。

それにオーケイというのか、否というのか、今や多くの企業がその立ち位置を問われているのです。


by erizo_1 | 2020-06-21 15:53 | 社会の時間

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14435419.jpeg

NYにあるJAA(JapaneseAmerican Association日系人会)が主宰するお弁当配布プロジェクト「Project Bento」にボランティアとして参加しました。


これはNY市に住む、日系人シニアに、無料で日本食のお弁当を届けるというもの。

もともと日系人会では毎月「敬老会」を行って、100人ほどのシニアたちが集まる会合があり、そこで食事をふるまっていたそう。


それが新型コロナウイルス感染のために、会合はストップ。


コロナ禍で外に出るのもままならぬことになったシニア支援のために、和食のお弁当を週一回、届けるというプロジェクトが5月4日から発足しました。

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14432763.jpg


これは日系人会と、サンライズマート伊藤園、そしてBentOnが協力して実現。

Japan Culture NYCのスーザン・マコーミックさんたちを中心に、配達はボランティアでまかなわれています。


日系人会の敬老会に参加している方への安否の確認電話と、お弁当配達で始まったプロジェクトですが、他のシニアの方々も加わっています。

NY市内で、100人以上のシニアが申し込んでいるとか。


経済的に困っている方へのギフトカードサービスなども始めているそうです。

上記の食料品店以外にも、大人気鮨店である「JUKU」がお弁当を協力したり、領事館もお弁当の寄付をしたりしているそうです。


また人気レストランの「和参」も参加。


ブルックリンを拠点とするシェフ・カツ・ブルックリンも6月に参加!

おいしそうです!


日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14502891.jpg
日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14503631.jpg


お弁当の費用は上記の食料品店の厚意と、そして日系人会や、寄付で成りたっているそう。


毎週、月曜日はマンハッタンブロンクス木曜日はクイーンズ、ブルックリン、ローズベルト島にデリバリーしています。


わたしがデリバリーボランティアを担当したのは、近所のエリアに住んでいる方でした。


お弁当をピックアップするロングアイランドのBentOnは、4駅ほど離れたところにあるので、歩いて取りにいきます。


テクテクと歩いていって、ようやくBentOnに着きました。

わー!

すごい達成感。


日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14434785.jpeg


なかに入っているのは、お弁当と、お茶の缶、そして日系人会員がボランティアで作ったという布製のマスクが2枚。

おー、おいしそう

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14460715.jpeg


これを持って、またテクテクと戻ります。

行きに30分、2件まわってから帰りに60分で、だいたい1時間30ほどのウォークとなりました。

ふだんから、なるべく一日1時間歩くようにしているので、これはよい運動代わり。


Bent On では、さまざまなバラエティあるお弁当を提供!

おいしそうです!

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14460360.jpg



受け取った方たちには、喜んでいただけて、嬉しい!

私の画像だとしょぼいので、JAAさんから借りた画像を貼りつけます。

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14433004.jpg



電話でのボランティアもしているのですが、

「自分では料理をしないから、ありがたい」

日本食のお弁当が食べられるのが嬉しい」

と喜んでいただけるのが、嬉しいです。


そうか、年をとると自炊も面倒になってくるよねとも思うし、このコロナ禍で出られなかったら日本食が恋しいだろうとも思います。


そして自分自身にとってはお弁当を届けて、喜ばれることで、

「他人のために役立っている」

という行為ができること。

これは大きい!

役にたてるって、なんて嬉しいことなんだあああああ!


ことにずっとコロナ禍でこもっていたので、社会に貢献できるのが嬉しい。


今回、友だちの矢澤とみ子さんがお弁当を配達する姿をフェイスブックで見かけて、「おおお、これは大切なことだ!」と感銘を受けて、さっそくボランティアを志願したのです。

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14535679.jpg


NYには日本人のシニアがかなりの人数いて、今回の自主待機で不安になっている人もいるでしょう。


NYの邦人は、西海岸ほど日本人の移民が住んでおらず、数年で帰国する駐在が多いために、あまりネットワークが堅固とはいえないのです。


それだけに危機のときに、孤立しがちなシニアにコンタクトを取り、コミュニティで助け合うのは大事なこと。


日系人会の合い言葉は「助け合って100」らしいですが、まさに異国に住むということは、自分たちでセイフティネットを作ることなのだなあ、と感じます。


日系人会のみなさま、食料品店のみなさま、よい機会を作ってくれてありがとうございます!


さて、このお弁当プロジェクトですが、NY再開のフェーズをかんがみて、敬老会再開まで続けられる予定です。

日系人会の「お弁当プロジェクト」で、ボランティア参加してみた!_c0050387_14531075.jpg


プロジェクト・ベントーに、ぜひご寄付を!

税金控除できる寄付ができます!

寄付は、NY日系人会 のサイトから


●クイーンズは地域が巨大なので、車を持っていてデリバリーのボランティアをしてくれる方を募集しています。

ぜひJAAにご連絡下さいね!


by erizo_1 | 2020-06-19 15:04 | 社会の時間
アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15401387.jpeg

ソーホーの街が略奪にあって、NYの街中の店舗が、ベニア板で覆われてしまったのが、5月末。


5番街でも板張り。

こんな光景は初めて観たので、NYが壊れてしまったような、悲しい気持ちになったものです。

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15392368.jpeg


ところが、これでは終わらなかった。

アーティストたちが街に出て、その戸板を自由にペイントしたのです。

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15402071.jpeg


ソーホーはアーティストのもの


という堂々の宣言!

すごい!レベルが高い!

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15404142.jpeg
アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15404777.jpeg

さすがすぎる!

こういうニューヨークが好きだああああ!

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15394627.jpeg
アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15400189.jpeg



アレキサンダー・ワン

おおお、店がオープンしてからも店舗か、ショールームに飾ることができそうな出来映えです!

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15405891.jpeg
アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15410327.jpeg



イザベル・マラン

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15400868.jpeg



Gショック

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15394012.jpeg


ティビ

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15395795.jpeg


ケイト・スペード

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15411486.jpeg


アーティストが勝手に描いたのに、ふしぎとそれぞれの店らしいのも、面白いところ!

アートで蘇るNYの街角!さすがアレキサンダーワンはオシャレだった!_c0050387_15402517.jpeg

22日から店舗もオープンする予定で、営業が始まる店からは、撤去されるはずのアートなので、市内の方は、いまのうちだけどうぞ。‘


by erizo_1 | 2020-06-17 16:00 | トレンドの泉
NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15540169.jpeg

ニューヨークが6月8日からフェーズ1で再開。

いきなりバーで立ち飲みする人たちが現れています(滝汗)

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15330513.jpeg

そして5月25日に警察官によって窒息死させられたジョージ・フロイド氏事件をきっかけに広がった「ブラックライヴズ・マター」のプロテストは、NYでは連日さまざまな場所で行われています。


NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15294510.jpeg
医療関係者の人たちもたくさん参加。


こちらはワシントンスクエアパークでのプロテスト集会。

この「ブラックライヴズ・マター」運動とは何か、ということについて、以下の記事を書かせていただきました。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15325934.jpeg

決して黒人による暴動であるとか、ましてや反政府団体によるデモなんかではないので、ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。


談社フラウ

黒人差別の根深い歴史 燃やされたナイキ



アメリカ黒人殺害事件デモで略奪する『抗議者と違う』暴徒たちの正体」 



講談社ミモレ

BTSもレディ・ガガも寄付する「黒人殺害抗議デモ」。アメリカでいま何が起こっているのか?



実際にNYで行われているプロテスト集会やデモは平和なもの

今回のデモの特徴として、若い世代が多いです!

中高年層はコロナ感染拡大を心配して自粛していた人が多数。

さらに若者はインスタで情報を流すので、初期はどこでデモをやっているのかもわからなかったほど。


デモ隊は白人も多く、また女性の参加も多いのですが、非常にオーガナイズされています。

この写真でわかるように、車椅子の参加者もいます。

非常に幅広い人たちが参加しているといえます。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15573537.jpeg


無料でマスク、ウォーターボトル、グラノーラバーの配布もあり。
このプラカードは、水やスナックの配布があることを告知しています。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15292480.jpeg

こちらの男性が背中に貼っている表示は、

トイレがどこにあるか知りたかったら、聞いて」

なんというお役立ち情報!

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15295310.jpeg

まだレストランもバーもカフェもテイクアウトのみの状態なので、街のなかにトイレが見つからないのが、難点なのですが、そのニーズに応えてくれるという役立ちマン!


こちらの女性が帽子につけているサインは、

「プラスチックはここで回収します」

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15324319.jpeg

えええええ、プラ回収までやってくれるの?


今まで「なんだか今どきの若者って気が利かないよなー」と思っていた私ですが、大間違い。すみません!


こんな気が利く人たちが揃ったデモなんて見たことないわ!

むしろ若い世代は、ソーシャルアクションに慣れていて、何をしたらいいか分かっている感じがします。


NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15570620.jpeg

昔ながらのデモでは、日時がかなり前から決まっていて、NY市にデモをする場所を申請して、その道路を封鎖してもらい、みんなで歩きますという形式で、主催者側でプリントアウトするチラシPDFも用意されていたりする。


今回はそれがなかった。

最初に自然発生的に起こったのは、ロックダウンで車があまり走っておらず、道路を占拠しやすかったのと、若者たちが仕事なり、バイトなり、夏休みで遊びに行くことなりの予定が全部なくなって在宅していたのも大きいでしょうね。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15293327.jpeg

今の20代は、2年前にあったフロリダ州の高校銃撃事件で、自分と同じような年頃の子たちが無残に殺され、それを生き残った高校生のエマ・ゴンザレスさんたちが「銃規制」運動に乗りだしたのを見ている世代。


不公平」とか「正しくないこと」に対する感覚が敏感な世代ともいえそう。


「ブラックライヴズ・マター」はジョージ・フロイドさんのみならず、今まで積み重なってきた警察の過剰暴力や誤射で亡くなってきた黒人たち、そのシステムの理不尽さを変えようという運動です。


たとえば、この花のプラカードが示す「ブレオナ・テイラー」さんも、やはり警察に誤射されて亡くなったひとり。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15324913.jpeg

こんなにあちこちで毎日デモが行われるなんてことは、私の在米生活でも経験したことがなく、そしてまた世論が、実際に動かすというのも驚きました。


NY州で、クオモ知事がサインしたのは以下の改正。

●州法50-aの廃止。

●警察官による「首しめ」逮捕の禁止。

●人種によるフェイクの通報を禁止して、ヘイトクライムとする。

●警察官が非武装の市民の死亡事件を起こした場合、地区検察ではなく、州司法長官が調査を行う


多くのプラカードに書いてある、こちらの文言、

50-Aをなくせ

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15295772.jpeg

この50-aとは何かというと、警察官や消防士の「人事記録や懲戒記録の機密性が保持される」というもの。

警官による不当な逮捕や暴力の記録が公開されないという問題があったわけです。


今までは警察官の記録が機密あつかいになっていた。

50-aが廃止されると、警察官の懲戒記録の透明性が確保されるようになります。


6月12日にもアトランタでは、レイシャード・ブルックスさんが駐車場で眠っていたところ、通報を受けた警察と、ブルックスさんがもみあいになり、警官が発砲して射殺。

その事件がきっかけでまたも揺れています。


まだまだ勢いが止まらない「ブラックライヴズ・マター」

私自身は,夫がブラックであることもあって、ファミリーメンバーにとって直接かかわる問題でもあります。

NY再開!警官による黒人殺害事件と、新しい世代が率いる「ブラックライヴズ・マター」_c0050387_15294100.jpeg

いまこそ人種差別の不当を変えていけるのか。

「ブラックライヴズ・マター」断固支持しています。


by erizo_1 | 2020-06-15 16:02 | 社会の時間